本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > 2020年総括

2020年総括

さてと、ハロウィンも終わり、巷の商店街ではクリスマスソングが流れ始めてますね(*´∨`*)
そして、2020年も終わりを迎えようとしています。
そして、このコラムは来月はお休みの予定ですので、今年最後のコラムになります。

本来なら、今年は東京オリンピックが開催されて、華々しい1年になる予定でしたが、コロナと言う疫病が出たために1年延期になりました。コロナはそれだけではなく、スポーツ大会などの中止や旅行などの自粛、経済活動の停滞、そしてさらにリモートワークなど人々の生活を昨年とは全くの別物にしてしまいました。
今後、ワクチンやコロナの治療方法が出てくれば以前のような生活に戻れるとは思いますが、そこに至るまではもう少し時間がかかるのではないかと思います。

それでは今回は、年末に向けてやっておかなくてはいけないこと、準備しなくてはならないことなどを記載しておきますね。

1、インフルエンザワクチンは接種しましたか?
前回のコラムにも書きましたが、今年はコロナもありますので、インフルエンザワクチンの接種が奨励されています。
ご高齢者は早めに接種することが国から推奨されたので一時的に品薄になりましたが、現在はそれなりに流通しております。先月断られた方も、再び病院に連絡してみてください。

2、お薬の準備は大丈夫ですか?
今年はコロナの影響もあって、患者様が何回も受診しなくても済むようにお薬を長期で処方されているDrもいらっしゃいます。お薬の残りがたくさんあるからと言って油断していると年末年始の病院が休診中にお薬が切れてしまうことも考えられます。かかりつけの病院の年末年始の休診期間と自分のお薬の残りを調べてお薬を切らさないようにしましょう。

3、マスクや消毒液は大丈夫ですか?
マスクや消毒液、体温計など一時品薄状態になって、社会問題になりましたが、現在は潤沢に流通しています。
品薄状態の時は大騒ぎになりましたが、「のど元過ぎれば・・・」のように、現在は一時期に比べてマスクや消毒液を使うのが減っているような気がします。コロナ感染症はまだまだ収まっているわけではありませんし、これからはインフルエンザの流行も出る可能性があります。マスクや消毒液のストックは多めにしておきましょう。

4、日常品のストックは大丈夫ですか?
何度も言いますが、コロナ感染症を予防するにはマスクや手洗い、それに3密を避けることが大切です。これから年末に向けて、商店街も賑やかになります。まあ、去年ほどではないと思いますが、それでも普段よりは人手が多くなり、3密になる可能性が増えます。過度にストックする必要はないですが、買い物の頻度を減らすのは感染症予防になります。生鮮品などはストックするのは難しいですが、乾物品や日配品などは年末になる前に多めにそろえておいた方がいいでしょう。そして生鮮食品などの買い物は、買い物に出る前に買う商品をある程度決めておき、手早く済ませるようにしましょう(Ο´∇`Ο)


最後に・・・残念ながらコロナ感染症は、すぐに収束することはなく、しばらくはコロナ禍と言われるものが続くと思われます。いろいろな面で非常に不便な生活を強いられる場合があります。ただし、コロナに感染しないため、そして周りの人をコロナに感染させないため頑張りましょう。

我々薬剤師は医学的な見地から皆様の疑問や不安に対して答えられると思います。何かありましたらお近くの薬剤師にお尋ねください。

それでは、今年度のコラムはここまで!皆様良いお年をお迎えくださいませ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.