本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > アンサングシンデレラ(ネタバレ注意!)

アンサングシンデレラ(ネタバレ注意!)

夏も終わりが近づき、朝晩は涼しくなってきましたね。

皆様、夏休みはいかがでしたか?
え?コロナのせいで、夏休みは全然楽しくなかった??
まあ、仕方ないですね(*´Д`)=3ハァ・・・
コロナが収まるまではもう少し時間がかかりそうなので、マスクや手洗い、ソーシャルディスタンスを心がけてくださいね。

さてと、本日のコラムはここのところコロナ関係ばかりでしたので、今日はそれとは関係なくTVドラマのお話(^-^)
フジテレビ系列で放映されている『アンサングシンデレラ』ってご存知ですか?
そうです!木曜日夜10時から放送されているドラマです!!石原さとみさん演ずる葵みどりと言う病院薬剤師が主人公です。
医療ドラマは今までにもいろいろありましたが、薬剤師が主人公と言うのは初めてではないかと思います。

ちなみにこのドラマ、静岡とは深い関係にあるんです!

この舞台となるのは『萬津総合病院』と言うのですが、何となくこの『よろずそうごうびょういん』と言う音の響きをどこかで聞いたことはありませんか?
実はこの『萬津総合病院』のモデルは『焼津(市立)総合病院』なんです(*´∨`*)
ではこの辺りをもう少し詳しく説明していきますね。この『アンサングシンデレラ』は荒井ママレさんと言う漫画家さんが原作の漫画で現在も連載が続いています。この荒井ママレさん自身は薬剤師でも医療関係者でもありません。この医療原案は富野浩充先生と言う方です。ちなみにこの富野浩充先生は焼津市立総合病院薬剤科の現役薬剤師さんです。調べてみたところ、富野浩充先生は小児薬物療法認定薬剤師を取得されており、小児臨床薬理学会にも属されています。ですので主人公の葵みどりが小児の関りが多いのは、この為ではないかと思います(^-^)

そして、このドラマは当然のことですが、ネット上の薬剤師コミュニティなどでは、いろいろと話題になって議論が交わされています!
ドラマの中では、主人公が患者様やその家族と深く関わっていきますが、『あそこまでやる?』とか、Drの処方に主人公が突っかかっていくシーンでは『あんな言い方はないわ(;^_^A』とか否定的な意見と共に、『あのくらい普通!』『うちの病院と変わらないけど?』など肯定的な意見も数多く、盛り上がっています。
その中で7月には当薬剤師会、みどりや薬局の清水雅之先生が『アンサングシンデレラを病院×薬局薬剤師で語る会』を主宰し、ネット上では医療原案の富野先生やその他第一線で活躍する病院薬剤師、薬局薬剤師、薬学生さらには将来薬剤師になりたい高校生まで250人程度が集まり、大盛況でした。

それでは、ドラマの中に出てくるような薬剤師は本当にいるのでしょうか?
石原さとみさんや西野七瀬さんのような美人薬剤師!田中圭さんや成田凌さんのようなハンサム薬剤師!!でんでんさん演じる手品が上手い芸達者な薬剤師!!!

えーっと・・・もちろんいますとも!当薬剤師会会長は田中圭さんも裸足で逃げ出すような美男子ですし、当薬剤師会副会長は手品はできませんがポエムを書く芸達者な薬剤師です。他にも会員の中にはバンドを組んで、コンサートを開催するなど多岐にわたっております!

えっ?薬剤師としての能力は??と仰った方々、それはもちろん大丈夫(^▽^)/
先ほど出てきたみどりや薬局の清水先生はスポーツファーマシストと言う資格を持っており、アンチドーピングに関するスペシャリストです。来年は東京オリンピックもあり、活躍が期待されております。
また清水先生はそれだけでなくドーピングガーディアン(クリックしてみてください)と言うカードゲームを作り、日々ドーピングに関しての啓蒙活動に尽力なさっています。


アンサングシンデレラは病院薬剤師のストーリーがメインですが、薬局薬剤師(成田凌さん)も出てきますし、私が見ても頷けるような面白いドラマだと思います。
自粛生活の現在、ドラマをご覧になって薬剤師がどんなお仕事をしているのか感じて頂けると嬉しいです(*´∨`*)ドラマで分からない言葉などが出てきたら、ご近所の薬局で聞いてみてください、時間があれば詳しく解説してくれると思います。
ドラマのように『薬剤師は患者さんを守る最後の砦』などと、たいそうな事を私は言えませんが、患者様を守るための一端を担っているのではないかと思います(´▽`*)

それでは、本日はここまで(・ω・)ゞ

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.