本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > 消毒薬狂想曲

消毒薬狂想曲

皆様こんにちは(。・ω・)ノ゙

自粛要請も少しづつ解除になって、日常生活もわずかですが戻りつつあります。

さて、前回はマスク不足についてコラムを書きましたが、今回は消毒剤について書いていきますね。

先ず、コロナウィルスの消毒などに使われるのは・・・

1、アルコール
アルコールを使う際にいくつかの注意点あります。
先ず1つ目に、消毒用に使えるアルコールはエタノールです。よくコーヒーをサイフォンなどで入れる際にアルコールランプを使ったりしますが、その燃料としてメタノールが使われたりします。メタノールもアルコールの一種ですが、これは消毒に使えません。それどころか、毒性もあり人体に使うと危険です。名前が似ているからと言って使わないようにしましょう。
次に、エタノールの中にも濃度の違いがあり、消毒に適した濃度は70~80%です。ドラッグストアーなどで販売されている消毒用エタノールはアルコール濃度が76,9~81,4%に調整されておりそのまま使えます。またアルコール濃度が60%を下回ると効果が著しく落ちるのでご注意ください。
それから、無水エタノールと言う商品もあります。これは成分はエタノールですが、その名前の通り水をほとんど含まずアルコール濃度が99,5%となります。こちらは掃除などに使われるものですが、水で薄めれば消毒用として使えます。割合として無水エタノール7~8に対して水3~2を加えて10にしてやればOKです。
そしてエタノールはお酒の成分と同じです。よく酒呑みの方が、ふざけて「アルコール消毒だ!」と言ってお酒を呑みますが、マジレスするとこれは全く意味がありません。
先ほど述べたようにアルコール消毒に適したアルコール濃度は70~80%です。一応参考資料として、通常のお酒のアルコールは
ビール・・・4~5%
日本酒・・・20%弱
焼酎・・・30%前後
ウィスキー・・・40%前後
で、アルコール濃度が足りません。また、これも参考資料としてアルコール濃度が高いお酒は・・・
ラム酒、ロンリコ151プルーフ・・・75%
ヲッカ、スピリタス・・・96%
などがあります。非常用としては使えますが、香料や砂糖などが添加されている場合もあり、高価なので、あまりオススメできません。今回のコロナウィルス騒ぎでアルコール不足になり、酒造メーカーが消毒薬専用にお酒を出しています。これだと酒税がかからず安価になります。

次に・・・
2、次亜塩素酸ナトリウム
次亜塩素酸ナトリウムは成分名ですので、商品名のキッチンハイターやミルトンと言った方が分かりやすいですね(^_^)
まあ、普段から使われるものですので改めての説明はどうかと思いますが、布巾や哺乳瓶などの消毒に使います。他に、ドアノブなどにスプレーして消毒などにも使われます。
気を付けて頂きたいのは・・・
人体には使えません
一応、食品の殺菌や水道水の殺菌などにも使われますが、次亜塩素酸ナトリウムは人体には有害なんです。使用の際は手袋やマスクを用いて、直接素手で触ったり、スプレーの際に吸い込まないようにしてください。
また、次亜塩素酸ナトリウムは漂白作用や金属の腐食作用もあります。使用の際はご注意ください。

次に
3、次亜塩素酸水
最初に言っておきますが、次亜塩素酸水と(2)の次亜塩素酸ナトリウムは名前は似ていますが、全くの別物です。アルコールが不足した時、代替品として注目されたもので、スーパーなどの店頭に手指消毒用として設置されていたりしました。
この次亜塩素酸水は食品添加物(殺菌料)としても使われています。ただし、この次亜塩素酸水がコロナウィルスに効くかどうかは不明となっています。また、次亜塩素酸水を噴霧したりしているところもあるようですが、これは効果が確認できないどころか、安全性に問題があるという事で、噴霧使用はしないように呼びかけられたりしています。
えっ?食品添加物に使用してるなら安全じゃないの??
と思われた方々、この次亜塩素酸水を吸い込むと気管支や肺が炎症を起こす可能性があります。また食品添加物として使われますが、その食品は次亜塩素酸水は完全に除去してからでないと市場に出すことはできません。

番外編として、
4、クレベリン
クレベリンの成分は二酸化塩素ですがこれには殺菌作用があります。
クレベリンは空間を除菌できるという事で一時期品薄になりましたよね。じゃあ、この効果は?と言うと・・・
クレベリンはコロナウィルスに効果はありません!!!
これに関しては、いろいろな論文が出ています。そしてクレベリンを販売しているメーカーも、コロナウィルスに効くという事は一言も言っておりません。

えー!近所の薬局(ドラッグストアー)にはクレベリンが山積みになっていたけど??

と叫んだ方々、その薬局(ドラッグストアー)の薬剤師にコロナウィルスに効果があるかどうか聞いてみてください。そこでコロナウィルスに効果があるという薬剤師がいた場合にはそこの薬局は利用しない方がいいです(;^_^A
ちなみに、首からぶら下げるタイプや、ペン型で胸ポケットにさすタイプなどは雨や汗などで濡れると、発熱してやけどをする場合があります。

えー!じゃあ何でクレベリンを使っているの??

と仰る方々、一つ有名な逸話があります。
ある飲食店で、多数のクレベリンを設置してあり、店員も全員首から下げるタイプを使用しているのを見かけた医療関係の仕事をしているお客様。思わず店員さんに声をかけたそうです。
医「すごい数のクレベリンだけど、それってコロナウィルスには全く効きませんよ?」
店員さん、驚きもせずにこう答えたそうです。
店「もちろん知ってます。ただ、こうすることでうちの店はコロナウィルスに対策してる!と言うポーズです。」



最後にまとめヽ(*^^*)ノ
手指の消毒にはアルコールが一番ですが、先ずは手洗い!石鹸を使って手を洗い、最後に流水で流せば、十分にコロナウィルスを除去できます。アルコールがあれば、手洗い後にアルコール消毒をしましょう。
人体以外には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。ただし、これは人体には有害ですから取り扱いには十分気を付けてください!あ、それとお薬や薬品で濃い濃度、大量に使えば効果が増すと考える方がいますが、それは間違いです。使用するには適切な濃度(濃さ)、量をご使用ください。
室内を無菌状態にしようと思ったら、特別な機械などが必要となります。次亜塩素酸水など薬品の噴霧、クレベリンの設置は全くの無意味です。コロナウィルスに関して言えば定期的な換気をすれば、感染する確率はかなり低くなります。

まだまだ、コロナウィルスの騒ぎは続くと思います。へんな噂などに惑わされずきちんとした予防などを行ってください(⌒ー⌒)ノ~~~

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.