本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > マスク狂想曲

マスク狂想曲

さてと、GWも終わってしまいましたね。
皆様、GWはいかがでしたか?

はぁ?自粛要請がかかっていて遊びにも行けなかったよ!

こんな時期ですから仕方ないですね(;^_^A
まあ、皆さんの自粛でコロナウィルスを封じ込めができるので、不要不急の外出は控えるようにしましょう。

それでは今日はマスクに関するお話です。

マスク全然ないじゃん\(*`∧´)/
と仰る方、そして
マスク見かけるようになったけど高いじゃん\(*`∧´)/
と仰る方、それも含めてお話ししていきますね。

先ず・・・

1、マスクってコロナウィルスの予防に聞くの?
と言う質問から。コロナウィルスの主な感染経路は飛沫(くしゃみや咳、話したりする時に飛ぶ唾液など)からです。マスクをすることによってそれが飛び散らなくなりますので有効です。ただし、それで完全かと言うと、完全ではないので手洗いや消毒、先ほど言った不要不急の外出自粛を組み合わせることが大切です。

次に・・・

2、手作りマスクってどうなの?
医療用のマスクと比較すれば性能は多少落ちますが、飛沫は抑えられますので、十分に有効です。市販のマスクが手に入らない時はご利用ください。

そして・・・

3、マスクっていつから普通に流通するの?
これに関しては、もうそろそろ普通に出回り始めています。薬局やドラッグストアなどを覗いてみてください。意外と山積みになっており、販売の個数制限もないところが増えています。
また、このコラムを書いている薬局では、発注をかけた次の日にはマスクが入荷してます。

それから・・・

4、でもまだマスクって高いよね!
そうですね、コロナウィルスが出てくる前は普通のディスポーザルマスクは1枚単価が10~20円(50枚入り500~1000円)でした。場所によってはそれ以下の価格だったこともあります。
そして、コロナウィルスが出始めてから1枚単価が100円(50枚入り5000円)、中にはそれ以上の滅茶苦茶な値段で売られていたのもありました。この理由として、需要と供給のバランスが崩れたというのが主な理由ですが、これに加えて、コロナウィルス感染の恐怖による過剰な買い占め、またこの機に乗じて儲けようとする不当な輩が出てきたりもしました。(オークションサイトでは転売ヤーなどと呼ばれるはた迷惑な人間も出てきました。)
その後、マスクの製造ラインが増えたり、転売の禁止がなされることにより少しづつ値段が下がってきています。
大体今の感覚ですと1枚単価が50~70円(50枚入り2500~3500円)くらいが多いかと思います。

それでは・・・

5、マスクを購入するにあたって
とりあえず焦らないでください(゚ー゚;A
今まで書いてきたのを見ればわかると思いますが、マスクの流通は通常の状態に戻ってきています。家に全く備蓄がないのなら別ですが、以前のように1ヶ月も2ヶ月分も買い占める必要はないです。今後はマスクが品薄になる可能性は低く、現状を見ていると価格も下がってきています。絶対とは言えませんが、あちこちでマスクが山積みになっているのを見ると、今後は値崩れを起こして、今より安く買えると思います。
また、一つ気を付けて頂きたいことがあります。マスクを買う際は必ず信用がおける店舗で買われる方が良いかと思います。島田市では見かけた記憶がありませんが、中には露店でマスクを販売している場合があります。マスクは衛生用品ですし、屋外で山積み販売をしているものは不衛生と言わざるを得ません。
また、今回の騒ぎでマスク製造をするところが多数出てきました。全部が全部しっかりとしたマスクを作っているわけではなく、海外では不衛生な環境で、不良品のマスクを製造しているところもあります。露店で販売しているマスクが全て不良品とは言いませんが、露天商ですと、店をたたまれたら不良品の返品なども受け付けてもらえません。
そして、今までマスクを取り扱ったことがないような別業種の店で販売するマスクも避けた方が無難化と思われます。そのような店では今回新規でマスクを取扱いし始めたわけですし、この騒ぎが落ち着けば販売も中止してしまうと思います。そのような店で仕入れたマスクは新規製造業者からの仕入れが多く、そういった製造業者もマスクを売るだけ売って、製造を中止してしまう店も多いと思います。この場合マスクに不良品が混じっていても泣き寝入りするしかなくなる場合が多いです(ノ△・。)
今までマスクを取り扱ってきた、薬局・ドラッグストアー・スーパー・コンビニなどでしたら、今後もマスクを取り扱っていきますし、万が一不良品が混じっていた場合、返品などにも真摯に応じてくれます。

その次に・・・

6、安心なマスクの見分け方
よく中国製マスクは不安なので日本製のマスクを買うという方もいらっしゃいます。確かに日本製でしたら安心ですが日本に流通しているマスクの8割は中国製です。中国製のマスクであっても「全国マスク工業会」の会員マークがついていると安全です。マークは以下の通りです。

ちなみに、コロナウィルスが流行る前にはこの「全国マスク工業会」の会員マークはマスクの9割についていましたが、今回のマスク需要量増大に伴って会員マークがついていない場合もあります。
会員マークがついていないマスクは不安ですが、信用できる店ならば万が一の場合も返品なども受け付けてもらえるので安心かと思います。



それから・・・
今はインナーマスクと言う、マスクの中にセットして使う不織布のシートも発売されております。これを使うと中のシートを変えるだけでマスク自体を清潔に繰り返し使えます。値段も1枚10円以下と安価ですので気軽に取り換えることが可能です。



最後に・・・
何度も言いますが、マスクの流通状況は日に日に改善されており、今は慌てて買い占める必要はありません。
これから益々値段も落ち着いてきますし、どうか慌てたりせずにお買い求めください。

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.