本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > 血圧を下げよう~生活編~

血圧を下げよう~生活編~

やっと夏の暑さも過ぎて、涼しきなってきましたね。今年は台風が何度も来て、島田のお祭りにも影響がありましたよね。まだ台風が来る恐れもあるので、皆様ご注意くださいね!

それでは今日は血圧のお話生活編です!

あ、そういえば以前血圧のコラムで詳しく書くと言ってたのにずっと書いてなかった“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

とお怒りになった方々。申し訳ございません、筆者がいい加減なので、アレコレ書き散らかしております(;^_^A

さて、それでは本題に移ります。じゃあ血圧を下げるためにはどうしたらよいか?いくつかの要因がありますが、大きなものは以下の通りです。 
・運動
・禁煙
・減塩
・お薬
本日はタイトル通り生活編となるのでお薬に関しては省かせていただきますね。それでは一つ一つ見ていきましょうヽ(*^^*)ノ

1、運動
以前に血管はゴムホースみたいなものと説明しましたよね?そして血管を作っているものの中に筋肉があり、それによって血管は収縮弛緩を繰り返します。
ところが、人間と言うのは老化と共に、筋力も次第に落ちていきます。イメージとしてはゴムホースが劣化してボロボロになっていく感じです。悲しい事ですが、これは誰しも寿命があるので避けられないことです。
しかしながら、運動することによって筋力が鍛えられ、老化が進むのが遅くなります。また、運動によって汗をかくことによって減塩になります(これは後から説明します)

2、禁煙
以前禁煙のコラムを書きましたが、タバコを吸いますと、血圧が10~20、心拍数も20程度上がります。これは一時的なもので数十分で元に戻ります。
へぇ~、数十分で元に戻るなら喫煙しても大丈夫だね\(^▽^)/
と思った方、その考えはハチミツの中に砂糖をぶち込んで飲むくらい非常に甘いです!
先ほども述べたように、血管は伸び縮みを繰り返します。喫煙によって余計に伸び縮みを繰り返すので血管にかなりの負担がかかりますし、1日にタバコを20本吸うとしたら、1日の内、5時間以上高血圧の状態が続くことになります。
また、タバコの中のニコチンや一酸化炭素は血管の老化を早めます。以前にも申し上げたように、早めに禁煙することをお勧めします(^^)

3、減塩
減塩のコラムでも書かせていただきましたが、塩分は血圧を上げます。
これは、身体の中で塩分が高くなると塩分を薄めようとして水分を取り込むためです。これによって浮腫み(ムクミ)が起きますし、一時的に血液の量が増えるために血圧が高くなります。
ここで誤解してほしくないのですが、塩分は必ずしも悪ではなく、生命を維持していくために必要なんです。ただし、その必要な量は普段の食事で十分に補えますし、実際は塩分過多になっている場合が多いです。病院などでうるさいくらいに減塩を勧めるのはそういった理由からです。
先ほど、運動の項目で汗をかくと減塩になると言いましたが、汗には塩分が含まれているためです。
ちなみに汗の中にどのくらい塩分が含まれているかと言うと・・・個人差もありますが大体0,3%くらいです。つまり運動などで汗を1L(リットル)かいたとして3gの塩分が出ます。
え、じゃあ今日は汗をかいたからその分塩分を摂らないと!!
と叫んだ方々(;^_^A先ず減塩のコラムを見直して欲しいのですが、現代の日本人の平均塩分摂取量は推奨塩分摂取量より3g程度多いです。そして、1Lの発汗と言うのはかなりの運動量になります。夏場の炎天下の下で運動をしたというなら別ですが、意識して余分に塩分を摂る必要はありません。
また、夏場の普段の飲み物として経口補水液を飲んでいる方がいらっしゃいますが、これは塩分過剰摂取になりますのでご注意ください。そしてこれから冬場に向かいますので、発汗量が減っていきます。今まで以上に減塩を心がけるようにしてください。

今言った理由から、冬場には血圧が高くなる方が増えます。血圧が高い方、高めの方は特にご注意ください。

そして、一応予定として次回は血圧のお薬のコラムを書こうとは思ってますが・・・冒頭でも述べたようにこの筆者が非常にいい加減なため、あまりあてにせずにお待ちください。
また、書いて欲しいコラムがあれば、近隣の薬局にお申し付けください。お待ちしておりますヽ(*^^*)ノ

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.