本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > 血圧のお話

血圧のお話

さてといよいよGW!
皆様、お薬の用意は大丈夫でしょうか?
今年は連休が長いので切らさないようにご注意くださいね。

それでは今回は高血圧のお話。なぜ血圧が高いと問題なのか説明していきますね。
先ず簡単なところから!
皆様の身体の中には血液が流れています。そしてこの血液の働きの中には身体全体に栄養や酸素を運ぶというものがあります。つまり血液が流れなくなったら栄養や酸素が身体に届けられずに死に至ります。
そして、血液は自動的に流れるわけではなく、血液を流すためのポンプが必要となります。そのポンプが心臓です!心臓は規則的に収縮を繰り返して血液を送り出します。そして、血液が流れるのが血管です。血液を流すためにはポンプである心臓がしっかりしていなくてはなりません。

これでもちょっと分かりにくいという方は水道につないだゴムホースを想像していただけば分かりやすいと思います。
水道栓の水をチョロチョロ流していたのでは、なかなか水が流れていきません。そこで水道栓をひねってやれば勢いよく水が流れます。
そしてこの中で、ゴムホースが血管、水が血液となります。血圧と言うのは、このゴムホースにかかる水圧と言うことです。

えっ?じゃあ勢いよく水を流さなければ、水巻とかに使えないから血圧とかは高い方がいいんじゃない??

と思った方々。
はい、その通りです((´∀`))、例えば皆さんが運動をした時など、たくさんの栄養や酸素を消費しますので、その分血液をたくさん勢いよく送らなければなりません。つまり血圧が高くなります。
しかし、ちょっと考えてみてください。血管はゴムホースみたいなものと説明しましたよね?何もない時に勢いよく水を流したりしていると、水圧でゴムホースは広げられ負担がかかります。そしてその水圧がゴムホースの限界を超えたときはゴムホースに穴が開いたりします。
血管にも同じことが言えます。ずっと、血圧が高いままだと血管に負担がかかります。それによって血管が破れたりもします。特にその血管が頭の中の血管だったりすると、脳内で出血が起き脳溢血と言う病気になります。脳溢血になると、運動機能の麻痺を起こしたり、最悪の場合は死を引き起こします。

このように高血圧と言うのは非常に怖い病気を引き起こします。
皆様、血圧管理はお気を付けください!
それでは今回はこの辺でヽ(^。^)ノ
次回のコラムではもう少しこの血圧に関して詳しく解説していきますのでお楽しみに!!

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.