本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > インフルエンザ情報

インフルエンザ情報

皆様、こんにちは。
日にゝ寒くなって、秋・冬物用の上着を出したり、厚手の布団を出したりしている頃だと思います。
そして、今年もインフルエンザの季節がやってきます。

それでは本日はインフルエンザのお話です!
とは言え、インフルエンザの基礎は昨年の今頃コラムで書かせていただきました(2017年10月17日のコラムをご覧ください)
まあ、同じことを書いても仕方ないですし、今年のインフルエンザにかかわる情報を出していきますね。

昨年、皆様はインフルエンザワクチンを受けましたか?

あー!そういえば、受けようと思って病院に行ったら、『ワクチンが不足してるから接種できない!!』って言われた!!!

と言う方もいるかとは思います。

ちなみに昨年のインフルエンザワクチンの製造量は・・・
2643万本!
そして、使用量は・・・
2491万本!
そして、今年の製造量の予定は・・・
2650万本!

となっております。(厚生労働省発表)

え?じゃあワクチンは足りていたんじゃん!!何で私は接種してもらえなかったんだ!!!

とお怒りになった方々。これにはわけがあるんです(汗)
昨年の製造量の総合計は、見て頂いた通りなのですが、昨年は10月11月の流通量が少なく、流通量が潤沢になったのが年末だったのです。
従って、早い時期にはワクチンが少なく、医療機関もワクチンが必要な人、つまり病人・高齢者・小児などを優先させたため、そのような事態になったと思われます。

じゃあ、今年はどうなの???

と思われた方。今年は大丈夫です!例年の流通量となっており、昨年のようなことはないと思われます。



それでは、次にワクチンの受け方をお教えしますね!

は?病院に行って受ければいいんじゃないの??

と思った方々。まあそれでも大丈夫だとは思いますが、厚生労働省はワクチン不足を起こさないように、医療機関にはワクチンの適正量を購入するように申し送りされています。ですから、病院でもそれほどたくさんの備蓄をしてない場合もあります。その場合は、病院でも患者様にお断りする場合もございます。
また、病院では通常の診療もありますし、新規ではインフルエンザワクチンの受け付けてなかったり、ワクチン接種に関しては曜日や時間を指定したりする場合もあります。

で・す・か・ら・・・

先ずは、病院に電話でご確認ください!!!

電話で確認していただければ、その電話で予約を取ることも可能です。
インフルエンザが流行るまでに、まだ多少の余裕があります。焦らずに先ずは病院に連絡を取ることから始めてください。
そして、最後に・・・

インフルエンザはうがいや手洗いでかなりの予防効果が期待できます!
そして、十分な栄養・休養も必要です!!
普段の生活からご注意ください!!!


本日のコラムはここまで、インフルエンザのことに限らず、心配なことはお近くの薬局薬剤師にご相談ください。

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.