本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > コラム  > そろそろ花粉症

そろそろ花粉症

インフルエンザが猛威を振るっておりますが、皆様大丈夫ですか?

インフルエンザは治ったけど、なんかすっきりしない。咳も出るし、鼻がムズムズするし・・・と言う方はインフルエンザが治ってから続いて花粉症になってしまったのかもしれません。

それでは、本日は花粉症についてのお話です。


花粉症の原因

 花粉症はその名の通り、花粉が原因で起こります。日本では春のスギやヒノキが多いのですが、夏にはイネやブタクサなどもありますし、スギが少ない北海道地方などではシラカバの花粉症などもあります。植物はどれも花粉をつけますので、極論で言えばすべての植物で花粉症が存在する事になります。
 本来、花粉というのは無害で人間の体内に入ったからといって何か病気を引き起こすわけではありません。しかしながら、人によっては身体がその花粉を有害なものと認識してしまい、その花粉を排除しようとします。排除の方法は、鼻水や涙で花粉を洗い流そうとする。咳で身体から花粉を追い出そうとする、などが一般的な花粉症の症状です。
 また、その際に身体が炎症を起こすことがあります。そういった場合には鼻詰まりを起こす場合や、皮膚に痒みが出ることもありますし、ひどい場合には呼吸困難を起こす場合もあります。


花粉症の予防と対策(生活編)

 ここまでで述べたように、花粉症は花粉が引き起こす疾患なので花粉症を引き起こさないようにするには、花粉に接しないで生活することが一番です。しかしながら、そんな生活は不可能ですし、
全く植物がないような都会で生活したとしても、他から花粉は飛んできますし、花粉以外でも車の排気ガス、家の中のホコリ(ハウスダスト)などでも花粉症と同様の症状を引き起こします。つまり、花粉症を100%シャットアウトするというのは、基本無理です!
 そこでこれからは、なるべく花粉症を引き起こさないようにするコツみたいなものを思いつくままに上げていきます。

1、花粉の多い日には外出を控える
 花粉は基本暖かく、風が多い日に飛んできます。言うまでもないことですが、花粉を多く吸えば吸うほど症状は出やすく、その症状も強くなってきます。そのような日には外出を控える方がいいです。最近ではTVや新聞等でその日の花粉の飛散状況を出していますので参考にすると良いかと思います。

2、服装
 花粉は人の体内に侵入もしますが、服などにも付着します。花粉が入らないような屋内に入っても花粉をつけたままの服装で屋内に入れば、その屋内は花粉が溢れてしまうことになります。それを減らすには屋内に入る前に、必ず外で手やブラシなどで花粉を払い落とすのが良いでしょう。
 また、服装の素材によっても花粉の付着率が違います。ウールのセーター・フリース・ファーなどは非常に花粉をつけやすく、それで外出しますと外から花粉を集めて帰ってくるような状態です。逆に花粉がつきにくいものはレザー・ポリエステル・ビニールと言ったツルツルした素材のものです。特に花粉症がひどい人はそういった素材を選ぶと良いと思います。

3、洗濯
 この時期はお天気もよく、日差しも暖かいので洗濯物は屋外に干したくなりますが、屋外では花粉が飛散しており、洗濯物に花粉を付けてしまうことになります。屋内干しや乾燥機を利用してなるべく花粉を室内に入れないようにしましょう。
 また、静電気は花粉を引き寄せてしまいます。柔軟剤などを使用して静電気を防ぐと良いと思います。そして外出時には静電気防止スプレーを使うとさらに花粉の量を減らせます。

4、加湿器・空気清浄機の使用
 花粉症という言葉が出始めたのは約50年前、それまでも花粉症の症状はありましたが、今ほど多くはありませんでした。ここまで増えた原因としては、産業による空気汚染や戦後に杉の木の植林が原因と言われています。それに加えて、道路整備が進んだことです。未舗装路の場合は花粉が下に落ちてしまうと土に吸収してしまうことが多いのですが舗装された道では、それがなく天気が良い日には再び乾燥して花粉が舞い上がり、それを人が吸い込むことになります。
 現代ではエアコンの普及で室内が乾燥しており、花粉が舞い上がりやすい状態になっています。加湿器を使うと花粉に水分が付き、下に落ちて舞い上がりにくくなります。そして空気清浄機。最近の空気清浄機は大変効果が優れており、部屋の中の花粉やハウスダストを減らしてくれます。今まで述べた方法にこの加湿器・空気清浄機を組み合わせれば、かなり花粉の量を減らせます。
 また加湿器を使うことによって、鼻や喉の粘膜に潤いを与え、乾燥で過敏になっている粘膜を正常化しますので症状が出にくくなります。
 これから、エアコンや空気清浄機などの家電製品購入をお考えの方は、加湿も視野に入れて考えると良いと思います。

5、飲食物など
 花粉症は飲食物も関係します。辛いものなどを食べたりすると血管を広げてしまいます。血管が広がると鼻づまりをひどくさせます。アルコールも同様です。また、匂いがきついものでは鼻の粘膜を荒らしてしまうので避けたほうが良いです。そしてタバコの煙も同様です。

6、ストレス・寝不足
 人間の身体には自律神経と言って自分の意志とは無関係に働く神経があります。この神経は心臓の動きを調節するなどの働きを持っていますが、この神経はストレス・寝不足などで乱れます。この神経の働きが乱れると、花粉症の症状と同様、鼻水がひどくなります。そうしますと花粉症の方は相乗効果によって花粉症の症状を誘発したり、さらに悪化させる原因となります。
ストレス・寝不足には充分お気をつけください。

花粉症はこれからますますひどくなってきます。日常生活に気を付けてお過ごし下さい。

さてと、本日は長くなりましたのでこの辺で、次回は花粉症の予防と対策(お薬編)を予定しております。お楽しみに!

Copyright© 島田薬剤師会 All Rights Reserved.